田園調布の「abc dental 小児予防歯科 小児矯正歯科」

お子さんのアゴの成長をサポートする拡大床

例えば、4人掛けの椅子に5人が座るとどうなるでしょうか?想像してみてください。当たり前ですが、どうしても無理に座る必要があり、デコボコした座り方になると思います。これは歯並びも同じなのです。歯が生えてくる顎のスペースが狭いと、歯が重なりながら生えてくるしかなく(これを叢生〈そうせい〉と言います)、デコボコした歯並びになってします。

こうならないためにはどうしたらいいのか?それは、歯が生えてくる顎のスペースを広げることがポイントになってくるのです。

当院では「床矯正」という治療法を導入し、極力歯を抜かないで済む治療を行っております。

床矯正は、入れ歯のような取り外しができる装置をお口の中に入れ、ご家庭でネジを巻いて顎の大きさを少しずつ拡大していきます。小さなお子様でも簡単にとりはずしができ、快適に矯正治療ができます。

この装置は、以下のような特徴があります。

床矯正の「メリット」

1.極力歯を抜かないで矯正が可能です。(歯を抜く必要もある場合があります)
2.取り外しができるのでむし歯や歯周病、歯肉炎になりにくい。
3.ワイヤー(針金)を使った矯正治療よりは見た目が良い。
4,歯並びが変わることで顔つきが良くなることがある。


床矯正の「デメリット」

1.患者様の協力が必要になる。
2.すべてのお子様が床矯正で治せるわけではありません。