田園調布の「abc dental 小児予防歯科 小児矯正歯科」

矯正歯科

歯並びが悪くなる原因

今まで歯並びが悪くなるのは遺伝的要因だと言われてきました。しかし、最近では遺伝だけでなく『口腔習癖(こうくうしゅうへき)』が原因と言われており、指しゃぶりや口呼吸などのが歯並びを悪くしてしまう要因だと言われているのです。根本的原因から改善することが何よりも重要になってくるのです。

詳しくはこちら


矯正治療における安全性について

親御さんが安心して矯正相談ができ、安心して治療を進めることができるよう、取り組みを行っております。

詳しくはこちら


6歳までの矯正治療『MRC矯正』

歯並びの改善は単なる見た目の改善だけでなく、根本的原因から改善することが大切だと言われております。 特に6歳までにお口にとって良い習慣を身につけることで、将来大人になっても歯並びに困る可能性を大きく軽減できるのです。 当院では、そのような根本的原因から改善できるMRC矯正(マイオブレイスシステム)を取り入れております。

詳しくはこちら


7歳~10歳の矯正治療『拡大床』

矯正治療といえば「ワイヤー矯正」が一般的ですが、「床矯正(しょうきょうせい)」という治療法もあります。一般の人からすると、馴染の薄い矯正法であるものの、小児矯正においては非常に重要な役割を担っています。

詳しくはこちら


10代からの矯正治療『マウスピース矯正(インビザライン)』

中高生になると、より自分の見た目などが気になりやすい年齢です。特に歯並びというのは周りに与える印象にも大きく関わってきますが、目立ちやすいブラケット(針金矯正)は痛みが強く、見た目にも影響するので、抵抗がある方も少なくありません。当院では10代の方向けにマウスピース矯正である、インビザラインを導入しております。

詳しくはこちら


abcdentalオリジナルの矯正システムについて

矯正治療は年単位の治療が必要になってくるものです。そのために最も重要なことはお子さんの「モチベーション」 当院では長期間に渡る矯正治療でも、お子さんのモチベーションを維持できるような独自のシステムを導入しております。

詳しくはこちら


矯正治療の症例集

「実際に矯正治療を行ったらどうなるのかしら?」と多くの親御さんは気になる事かと思います。当院で実際に治療を行った症例をこちらでは掲載しております。

詳しくはこちら