大田区田園調布の小児歯科ならabc dental

小児矯正

「できる限り痛みの少ない矯正をさせてあげたい・・・」
「抜歯をしない矯正がいいな・・・」
「周りのお友達に矯正治療でいじめられたりするのが心配・・・」

このようにお考えの方に、当院のマウスピース矯正治療(マイオブレースシステム)をオススメ致します。
現在、一般的には矯正治療と言えば、針金(ブラケット)矯正をイメージされる方が多いのではないでしょうか?

確かにブラケット矯正は一定の効果もありますが、その歯並びを保つためには生涯にわたる保定装置の装着が必要とされております。最近の報告では、リテーナーを外すと実に90%もの方が後戻りしてしまったという報告もあります。
また、それだけではありません。自分自身の歯のエナメル質や歯根の損傷を受けるということも報告されておりますので、歯並びはキレイになったとしてもその歯並びを維持するためには一生涯装置を付ける必要があり、また自分の歯を損傷してしまう可能性があるのです。

実際にブラケット矯正をされた方にお話を伺うと、このようなことを伺います。

「とにかく痛みが激しく、夜眠れないこともあった・・・」
「自分の歯を抜かなければならないと言われて抜歯をした・・・」
「針金が目立つので、友達といても極力笑わないようにしていた・・・」

このように、効果はあるものの非常に患者様が大変な思いをされたのがよくわかります。
このような事を聞くとどうしても、矯正治療は大変!というイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか。

もちろん今までの矯正治療はそうでしたし、また今でもブラケット矯正をされている歯科医院は多く存在します。
当院でも、年齢やお口の中の状況によってはブラケット矯正をおすすめすることがございますが、当院では、今までの矯正治療とは全く異なる考え方のマイオブレースシステム(MRC矯正)という治療方法を導入しております。

症例集はこちらから

『うちの子、歯並び大丈夫かしら?』

そう思っている方はまずこちらの写真とお子さんのお口を見比べてみてください。
こちらの写真は理想的なお子さんの歯並びです。
このように十分なスペースが空いていると、将来大人になっても正常な歯並びになりますが、十分なスペースがない場合は将来的に歯並びがガタガタになってしまう可能性が高いです。

abcdental
小児矯正へのこだわり

お子さんの頑張りを見える化 オリジナル「賞状」

当院の小児矯正治療は、親御さんとお子さんに協力いただくことで、よりキレイは歯並び、顔立ちに繋がります。日々の取り組み、頑張っていることを見える化することで、お子さんのモチベーションにも繋がると考えております。
abcdental では親御さん、お子さんが日々頑張った、取り組んだことをチェックしていただくオリジナルの矯正カレンダーをご用意しております。

親御さん、ご本人にも毎日チェックしていただくことで、自分の頑張りを見える化し、毎日 のモチベーションアップに繋げております。
歯並びにおいて最も重要なのは「日々の習慣」です。今までなぜ歯並びが悪くなってしま うのは遺伝が原因と言われておりました。
ですが、近年の研究結果によると遺伝よりも日々の習慣の方が悪い歯並びになってしまうと言われてきております。良い歯並びになるのも。
悪い歯並びになってしまうのも、日々の習慣によって変わるのです。当院ではただ単に歯並びがキレイになるんではなく、根本的な良い習慣を身につけることを大切にしているので、このような日々の頑張りを見える化することが重要と考えております。

またこの1ヶ月の頑張りを賞状として院内に張り出しております。

大切なお子さんが自分自身で「頑張った!」と感じることで、自分の自信にも繋がりますし、 また周りのお子さんの頑張りを見ることで「頑張ってるのは僕だけじゃないんだ!」と感じ てもらうことで、お友達と一緒に頑張ろうという気持ちにつながると考えております。

『そもそもなんで歯並びは悪くなるのかしら・・・?』

今までは歯並びが悪くなる3~5歳ごろから明らかとなり、多くは遺伝的な要因だと考えられてきました。しかし、近年では歯並びが悪くなったり、顎の成長が遅いのは、遺伝的要因だけでなく、他の要因が考えられております。
わかりやすいもので言えば、口呼吸や指しゃぶりといった習慣が影響していると言われております。つまり、お口やその周りの筋肉にとって良くない習慣が身に付いてしまっていることが要因だという事です。これを口腔習癖と言います。

主な口腔習癖

呼吸

口呼吸をしていると、顎が狭くなり、前方ではなく下方へ成長してしまいます。その結果として、歯が生える十分なスペースが確保されず顔が細くなります。

嚥下(飲み込み)

間違った飲み込み(逆嚥下)とは、舌が前へ押し出され唇が後ろへ力を加える状態を言います。この習癖により顎が前へ成長せず、顔が本来の正常な骨格に成長しません。

舌の位置

舌を置く位置は上あごの形と大きさに左右されます。安静時は上あごにくっついた状態が正しい位置です。子どもの舌が低い位置にあると、上の歯が生える十分なスペースが確保されずに、下あごは下方奥への押し込まれてしまいます。

唇の機能

唇や頬の筋肉がうまく使えないことで、唇を閉じる事が難しくなり飲み込みに無駄な動きが生じます。このような間違った唇の癖により、下の歯が乱れ、あごが前へ正しく成長しません。

このようにあごの成長を妨げるような習慣が身に付いてしまっていると、結果として歯並びに影響してしまっているのです。

☑ 口がいつも開いている
☑ 鼻が詰まっていて口呼吸になっている
☑ 舌が上あごについていない
☑ 正しい飲み込みができない

このような状態を改善するため、またこのような状態にならないようにするために、最も効果が高い治療方法がマイオブレースシステム(MRC矯正)なのです。Abcdentalは、日本ではまだ約70医院しかないmyobrace(MRC)正規加盟クリニックです。

abc dentalの小児矯正
マイオブレースシステム(旧MRC矯正)とは?

痛くない!抜かない!人前で付けない!マウスピース矯正とは?

当院では特殊なマウスピースを使う事によって、痛みもほぼなく、抜歯をする必要がない矯正治療を導入しております。
また、基本的には日中1時間と寝ている時だけ装着するシステムのため、学校に行っている間は装着する必要がないので、お友達に矯正治療を知られることはありません。
 今までのように、大変な思いをせずに矯正治療ができるのが、このマウスピース矯正の最大のメリットです。

そして、マイオブレースシステム(MRC矯正)は、マウスピースをはめること、そしてそれと共に1日2~4分のアクティビティを行います。このアクティビティを行うことが非常に重要になってくるのです

アクティビティって聞くとなんだか大変なことをしなくてはいけないのか・・・
と想像してしまうかもしれませんが、内容はとっても簡単です、しかも1~2分のアクティビティを朝と夜を行うだけですから、どんなお子様でも出来る内容となっていますので、ご安心ください。
マイオブレース(MRC矯正)はマウスピースをはめること、そしてアクティビティを行うことによって、

・正しい鼻呼吸ができるようになる
・お口の周りの筋肉を鍛え正しい機能を保つ

このようなことが改善され、その結果として歯並びが良くなるということなのです。
先ほどなぜ歯並びが悪くなるのかという原因をお伝えしましたが、このマイオブレース(MRC矯正)は根本的原因から改善することが出来る治療方法なのです。また、このマイオブレース(MRC矯正)はお子様が大人になったとしても、良い習慣が継続され、お口の周りの筋機能を維持することが出来るので、「小児予防矯正」とも呼ばれております。

拡大装置の使用

お子様の顎の成長によっては、マウスピースだけでなく、追加の処置が必要なケースもございます。
永久歯が生えてくるスペースを生え変わりの時期に作るために使用します。

マイオブレース(MRC矯正)における唯一のお願い

マイオブレース(MRC矯正)は、従来の矯正治療とは異なり、痛みも非常に少なく、抜歯の必要がなく、また24時間装着することがないので、近年でも非常に人気の高い矯正治療となっております。
ただし、ブラケット矯正などであれば、わかりやすく言えば24時間半強制的に装置を付けることが出来るのですが、マイオブレース(MRC矯正)の場合は、日中の1時間と睡眠時の装着と、アクティビティを行うことが重要になってまいります。つまり、親御さんのサポートが必要不可欠なのです。十分なサポートが得られれば、それだけ効果を得る可能性が高まりますが、もしも十分なサポートが得られない場合は、治療期間も長くなってしまったり、また期待以上の効果が出にくいと言われております。

もちろん、当院でも毎日マウスピースを付け、またアクティビティを継続できるようにサポートを致しますので、ご安心ください。

お子様のより良い成長のためにも、親御さんの協力がこの治療では最も重要なポイントなのです。是非、一緒に頑張っていきましょう!

「うちの子の歯並びは大丈夫かしら?」
「私にもこの治療は継続できるか心配・・・」
「もう少しマイオブレース(MRC矯正)について詳しく知りたい!」

という方は、無料で歯並び相談を行っております!
当院はMRC矯正の加盟店ですので、安心して治療を受けることが出来ます。
まずは、お気軽にお問合せをいただければと思います。

10代の矯正治療

中学生から始められるマウスピース矯正とは?

~目立たない、痛みの少ない矯正治療~

「歯並びが悪いのが気になるけど、針金矯正は抵抗がある・・・」
「10代のころから始められる矯正治療はあるの?」
「もし矯正治療するなら最新の治療を受けてみたい!」

このようにお考えの方はいらっしゃいますか?
中学生頃になると、そろそろ自分自身の歯並びが気になるという事も出てくる時期かと思います。
今まではブラケット(針金)矯正が一般的な矯正治療の種類でした。
もちろん、今でも矯正治療としてブラケット矯正をされることが多いと思います。
しかしブラケット矯正の場合、デメリットも多く、特にこれから思春期を迎える年代には、あまりオススメ出来ない場合もあるのです。
 それぞれの矯正治療のメリットとデメリットをよく理解した上で、判断されることをオススメ致します。

マウスピース矯正の3つのメリット

①見た目が目立ちにくい

一般的なブラケット矯正の場合は、どうしても目立ちやすく、それによって周りの目が気になってしまうこともあると思います。
マウスピース矯正の場合だと、透明のマウスピースを使用するため、周りから矯正治療をしている事を知られることもほとんどありません。

②痛くない!むし歯になりにくい

ブラケット矯正の場合、24時間強制的につけなければならないため、場合によっては強い痛みが生じる場合があります。また、装置を付けている部分がむし歯になりやすくなってしまうというデメリットもあります。
マウスピース矯正の場合、取り外しも容易に行う事が出来るため、痛みが24時間続くこともありません。また、歯ブラシをする際などは取り外しができるので、ブラケット矯正に比べむし歯のリスクが軽減されるのです。

③普段通りの生活が送れる

ブラケット矯正の場合、食事をする場合でも、ブラケットと歯の間に食べ物が詰まりやすかったり、痛みが生じるため、食べ物を小さく刻まなければならないなどの手間が生じてしまいます。また、部活動などでも怪我のリスクがあり、普段の生活が制限されてしまいます。マウスピース矯正は先ほどと同様、取り外しが容易な為、食事や部活動など普段の生活で栄元されることはありません。

今しかない青春を矯正治療で制限される事がないことが、マウスピース矯正の最大のメリットです!

abcdentalは小児矯正専門の歯科医院

当院は小児歯科に特化しており、その中でもMRC矯正や床矯正などの矯正治療をメインで行っております。様々な症例を経験しておりますので、安心した治療を受けることが出来ます。
今しかない青春をあなたらしし素敵な笑顔で送れるように、まずは一度ご相談してみませんか?