田園調布の「abc dental 小児予防歯科 小児矯正歯科」

矯正治療における
安全性について

矯正治療における「安心」のご提供

近年では、成人においても小児においても矯正治療がブームになっており、世の中でも矯正治療をしている方々が非常に増えていることと思います。

今までは「矯正治療」と聞くと、敷居の高い治療というイメージであったものが、今では誰でも気軽に相談ができる環境になっていることは大変素晴らしく思います。

ただし、今では多くの歯科医院で矯正治療ができる一方で、様々なトラブルを耳にすることが増えてきております。

歯科治療において、最も重要なことは「安全・確実」であることと当院では考えております。

親御さんが安心して矯正相談ができ、安心して治療を進めることができるように、以下の取り組みを行っております。

安心の診査・診断(歯科用CT完備)

歯科治療においても最も重要なことをご存知でしょうか?それは「確実な診査・診断」です。

一言で歯ならびと言っても、歯のかみ合わせ、アゴや骨の状態によって、お口の状態は1人1人全く異なります。

またアゴの構造上、平面のレントゲン写真ですべての状態を把握することはできません。そのため立体的に3Dでアゴの状態を確認する必要があります。

そのため当院では、矯正の診断の際には必ず歯科用CT(セファロ)撮影を行い。立体的にアゴの状態を確認した上で、矯正治療の治療計画を立てます。

人の間隔や経験に頼ることなく、客観的データを元に患者様にとってベストな治療をご提案しております。

セファロ
レントゲン

最新の口腔内スキャナーでのシミュレーション

従来、歯科治療においてむし歯治療や矯正治療の際に「印象材」が用いられておりました。もちろん今でも歯の状態を把握するためにも用いられておりますが、時間の経過によって若干形が変わってしまるなどの問題もありました。またお子さんに印象採得をする際に、非常に苦しい思いをさせてしまっておりました。当院では、最新の口腔内スキャナーである「アイテロ」を導入し、印象を採ることなく、データ管理をしております。

データで管理することにより、より今のお口の状態に近い状態を把握することができ、より精度の高いシミュレーションを行うことができます。

矯正治療中の情報共有の徹底

小児矯正と一言で言っても非常に様々な種類が存在し、それぞれにメリット・デメリットも多く存在します。今までの一般的な矯正治療というと、ブラケット矯正というものが主流でした。

ブラケット矯正は痛みも強く、普段の私生活にも大きな支障もあります。ただ、デメリットばかりではなく、患者様は何もしなくとも、半強制的に歯ならびは改善されていきます。

当院で行っているインビザラインなどのマウスピース矯正、そしてMRC矯正矯正などは取り外しができるため、私生活への影響も少なく、非常にストレスも少ない中で歯ならびを改善することができます。

ただし取り外しができる故、親御さんがしっかりと関わることがとても重要なのです。

しかしながら、子育てをしながら慣れない矯正治療をするということで、スムーズに治療が進まない可能性があります。そんな時にも、しっかりと歯科医院と親御さんとが情報を共有できるように、当院オリジナルのシステムを導入しております。

月1回の来院時以外でも、しっかりサポートできる体制を整えております。

このように、診査・診断の際はもちろん、実際に矯正治療が開始したあとでも充実したサポート体制を整えております。

世の中でも主流になりつつある矯正治療だからこそ、親御さんに安心、確実な治療をご提供できるように、当院では心がけております。